基礎体温とお月様:記事目次
AA 基礎体温の「基本」
--そもそもどういうもの?
--ホルモンとの関係  
--なにがわかるの?
--正しい計測方法

基礎体温表ダウンロード
--花王HPさんより
--Female Health HPさんより
--ケータイで管理しよう
--ヘルシーメーカーダイエットHPさんより
--基礎体温管理ソフト
--PMSメモ付き基礎体温

基礎体温と妊娠
--排卵日を知ろう
--生理があっても・・・
--妊娠しやすさ
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響
--妊娠時の基礎体温
--男女の産み分け

基礎体温と排卵日
--排卵日を知ろう
--排卵日の特定は難しい
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響

基礎体温計

基礎体温と月経
--月経サイクルを見る
--月経痛の種類
--症状が重い場合
--ストレスの影響

コラム
--基礎体温でわかります。ホルモンバランスを整えましょう♪
--お肌のこと−1
--排卵期の頭痛
--排卵期、生理の頭痛について
--ダイエットと月のサイクル
--PMSについて
--PMSと血糖値
--基礎体温は女性の特権(ニュースより)

生理痛との戦い
--セルフケア、どうしてる?
--対生理痛サプリメント:4年以上愛用してます♪

| カテゴリ 基礎体温の「基本」

ホルモンとの関係@基礎体温の「基本」−2




さて、基礎体温の変化はどのホルモンに関係するのか。
私なりに噛み砕いてまとめてみました。
生理周期との関係でまとめてあります。

※参考にさせていただきました!

たまご日記オフィシャルHPさんhttp://www.ivfjp.com/
「生理周期とホルモン」のページの図がとてもわかりやすいです。
※ホルモンと生理周期の関係もよくわかります。


1:月経がはじまって2〜3日
→卵巣の中にある「卵胞」が、脳下垂体からの刺激により成長をはじめます。
  この卵胞の成熟とともに分泌されて、子宮内膜を厚くし、「おりもの」を増やす=卵胞ホルモン(エストロゲン)です。


2:排卵 約14日かけて成熟した「卵胞」の中から、卵子がとび出し(排卵)ます。
→卵子が出ていったあとの「卵胞」はバターのような色の「黄体」が形成されます=このあとは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減ります。
 

3:黄体は、受精した卵子が着床しやすいように子宮内膜を変える「黄体ホルモン」(プロゲステロン)を分泌=このホルモンが基礎体温をあげます!→それで排卵とともに基礎体温が上昇する!のです。


4:妊娠しなかったとして・・・→黄体の機能はしだいに衰えていきます。黄体ホルモンは12〜16日で急激に減ってしまいます=基礎体温が低くなる要因ですね。


5:月経 黄体ホルモンの減少とともに、子宮の内膜がはがれて血液とともに押し出されてきます。これが月経=体温がさがる!
→人によっては、月経がはじまってから下がるという人もいるようです。


6:その後、しばらくは体温が下がった状態が続きます。
→その間に項番1の卵胞成熟ははじまっている、ということになりますね。


そして、項番2に戻ります・・・この繰り返し。
となるようです。

なるほど・・・。
ホルモンのことも、ややこしい、と決め付けていままでやりすごしていたけど、ちゃんとまとめたら「なるほど」でしたexclamation


---------------------------------------------------


●この記事へのトラックバック募集しています。
人気blogランキングへ:よろしければ応援ください♪

基礎体温とお月様 =TOPへ戻る=





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。