基礎体温とお月様:記事目次
AA 基礎体温の「基本」
--そもそもどういうもの?
--ホルモンとの関係  
--なにがわかるの?
--正しい計測方法

基礎体温表ダウンロード
--花王HPさんより
--Female Health HPさんより
--ケータイで管理しよう
--ヘルシーメーカーダイエットHPさんより
--基礎体温管理ソフト
--PMSメモ付き基礎体温

基礎体温と妊娠
--排卵日を知ろう
--生理があっても・・・
--妊娠しやすさ
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響
--妊娠時の基礎体温
--男女の産み分け

基礎体温と排卵日
--排卵日を知ろう
--排卵日の特定は難しい
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響

基礎体温計

基礎体温と月経
--月経サイクルを見る
--月経痛の種類
--症状が重い場合
--ストレスの影響

コラム
--基礎体温でわかります。ホルモンバランスを整えましょう♪
--お肌のこと−1
--排卵期の頭痛
--排卵期、生理の頭痛について
--ダイエットと月のサイクル
--PMSについて
--PMSと血糖値
--基礎体温は女性の特権(ニュースより)

生理痛との戦い
--セルフケア、どうしてる?
--対生理痛サプリメント:4年以上愛用してます♪

| カテゴリ 基礎体温と月経

月経サイクルを見る@基礎体温と月経



基礎体温を連日測定してグラフにすると、
・体温の低い時期(低温相)と
・体温の高い時期(高温相)

にわかれます。

こちら基礎体温グラフの図を参考にしてくださいね。(別ウィンドウがひらきます)
赤の線が基礎体温をあらわしています。

この二相性の周期が月経周期を反映しています。

月経周期とともに低温相と高温相が繰り返されます。
人によっては、月経がはじまってから下がるという人もいるようですが、基本的には、高温→低温になったところが月経となることがわかります


ちなみに、この体温を支配しているのが二つのホルモン。

排卵後に黄体から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、脳内の視床下部と呼ばれる部位の体温中枢に働いて体温を上昇させます。
反対に、卵胞ホルモン(エストロゲン)は末梢血管を拡張させて体温を下げる作用があります。

参考:ホルモンとの関係@基礎体温の「基本」−2

基礎体温と月経−1(月経痛の種類)

---------------------------------------------------


●この記事へのトラックバック募集しています。
人気blogランキングへ:よろしければ応援ください♪

基礎体温とお月様 =TOPへ戻る=

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22757610



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。