基礎体温とお月様:記事目次
AA 基礎体温の「基本」
--そもそもどういうもの?
--ホルモンとの関係  
--なにがわかるの?
--正しい計測方法

基礎体温表ダウンロード
--花王HPさんより
--Female Health HPさんより
--ケータイで管理しよう
--ヘルシーメーカーダイエットHPさんより
--基礎体温管理ソフト
--PMSメモ付き基礎体温

基礎体温と妊娠
--排卵日を知ろう
--生理があっても・・・
--妊娠しやすさ
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響
--妊娠時の基礎体温
--男女の産み分け

基礎体温と排卵日
--排卵日を知ろう
--排卵日の特定は難しい
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響

基礎体温計

基礎体温と月経
--月経サイクルを見る
--月経痛の種類
--症状が重い場合
--ストレスの影響

コラム
--基礎体温でわかります。ホルモンバランスを整えましょう♪
--お肌のこと−1
--排卵期の頭痛
--排卵期、生理の頭痛について
--ダイエットと月のサイクル
--PMSについて
--PMSと血糖値
--基礎体温は女性の特権(ニュースより)

生理痛との戦い
--セルフケア、どうしてる?
--対生理痛サプリメント:4年以上愛用してます♪

| カテゴリ 基礎体温と妊娠

ストレスの影響@基礎体温と妊娠−5



基礎体温を見てみると不安定な波になっていることがあります。
たとえば、その原因のひとつにはストレスもあります。
それは、生理不順になったり、妊娠しにくい、などにつながることも。

ストレス。
目に見えないし、人と比較できるものでもありません。
だからこそ、周りにはわかってもらえないこともたくさんありますよね。
ある人は大丈夫だけど、別の人にとってはものすごいストレスになることってたくさんあります。


基礎体温からみる心と身体からの信号について、「エクセレントひろば」さん(http://www.exce.jp/index.html)に大変わかりやすいグラフがありました。
メニューより、「冷えと基礎体温」(http://www.exce.jp/kisotaion.html)。

この記事ではストレスについて述べたいと思いますが、どうしてストレスで不安定な基礎体温になるのでしょう。




女性ホルモンとして有名なのは、
卵巣でつくられる
・卵胞ホルモン(エストロゲン)
・黄体ホルモン(プロゲステロン)
の2つがあります。

そしてこの2つの分泌をコントロールする「本部」が脳のなかにある
・視床下部
・下垂体
です。

ここから卵巣に『このホルモンを出してください』と指令がいくと卵巣からホルモンが出ます。
この卵巣への指令も、その命令専門の『ホルモン』が分泌されることで指令が届くのですが、この本部からのホルモン指令がストレスによって不安定になってしまうのです

正常な働きは下記のようなルートになります。

sutoresu-1.gif




が、ストレスが入ってくるとこのような流れに。


sutoresu-2.gif


脳はストレスが発生すると、その状態に立ち向かうために、身体を臨戦状態にしようとします。
その結果、視床下部から「副腎皮質刺激ホルモン」を分泌、このホルモンの指示により、下垂体は副腎脂質ホルモンを分泌し、副腎に臨戦態勢を促します。
ストレスによって視床下部→下垂体のルートが臨戦態勢のために働いていると、生殖機能への指令にまで手が及ばないという状態になってしまうのです。

結果として、生理不順、排卵障害や着床障害などの不妊症の原因などを引き起こすのです。

ストレス。
生きている以上は戦わなければならないことですが、できるだけリフレッシュする方法をみつけたいものですね。








---------------------------------------------------

●この記事へのトラックバック募集しています。
人気blogランキングへ:よろしければ応援ください♪

基礎体温とお月様 =TOPへ戻る=

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/23340879



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。