基礎体温とお月様:記事目次
AA 基礎体温の「基本」
--そもそもどういうもの?
--ホルモンとの関係  
--なにがわかるの?
--正しい計測方法

基礎体温表ダウンロード
--花王HPさんより
--Female Health HPさんより
--ケータイで管理しよう
--ヘルシーメーカーダイエットHPさんより
--基礎体温管理ソフト
--PMSメモ付き基礎体温

基礎体温と妊娠
--排卵日を知ろう
--生理があっても・・・
--妊娠しやすさ
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響
--妊娠時の基礎体温
--男女の産み分け

基礎体温と排卵日
--排卵日を知ろう
--排卵日の特定は難しい
--おりもので知る妊娠しやすい日
--ストレスの影響

基礎体温計

基礎体温と月経
--月経サイクルを見る
--月経痛の種類
--症状が重い場合
--ストレスの影響

コラム
--基礎体温でわかります。ホルモンバランスを整えましょう♪
--お肌のこと−1
--排卵期の頭痛
--排卵期、生理の頭痛について
--ダイエットと月のサイクル
--PMSについて
--PMSと血糖値
--基礎体温は女性の特権(ニュースより)

生理痛との戦い
--セルフケア、どうしてる?
--対生理痛サプリメント:4年以上愛用してます♪

| カテゴリ 基礎体温の「基本」

正しい計測方法@基礎体温の「基本」−4



私が使用しているオムロン電子体温計「MC−672L」の取扱説明書も参考にしながら記載しますね。


その1:婦人体温計を使うこと。

基礎体温は0コンマ。。。の微妙な差を把握する必要があります。
一般の体温計より目盛りが細かい、婦人体温計を使用します。
体温計にはいろいろとあるようです。価格もいろいろです。
(参考:婦人体温計のいろいろ

その2:目が覚めたら、すぐに床の中で計測すること。
基礎体温は、覚醒とともにどんどんに上昇します。
飲食しない、起き上がらない。
枕元に体温計を準備し、目が覚めたらすぐに計るようにします。

その3:毎朝、できる限り同じ時刻に測るようにすること。
また、大切なのは、4時間以上睡眠をとったあとに計測することです。
睡眠が4時間未満の場合、睡眠中の体温低下が十分に行われず、本来の基礎体温よりも高い結果がでてしまうのです。

その4:口腔内(舌下)で計測すること。
体の内部に近いほうが体温が高く、外側(皮膚など)のほうが外気の影響を受けるので体温が低くなります。
基礎体温の場合は、なるべく体の内部に近い体温を知るべきなのでわきの下ではなく口腔内(舌下)で計測します。
計測する場所も、同じポイントにあてるようにします

ちなみに、私が使用している私が使用しているオムロン電子体温計「MC−672L」には、ゴムの「プローブリング」というものがついています。
それを基礎体温計の口に入れる細い部分にはめておきます。
計測するときは、体温計の先を舌下にあててリングを歯でかるく噛み固定します(唇で固定してもいいみたいですが、私は歯で固定してます)。
プローブリングの場所が固定しているので、測定する舌下のポイントも固定されるという工夫なのです。


その5:検温中は口で呼吸しない


さて、あとは継続をすることが大切です。

でも、続けなきゃ、と思うことがストレスになってしまっては本末転倒ですから、多少忘れてしまう日があっても気にせずにいきましょう。
計測する時間も多少ぶれてもあまり気にしないわーい(嬉しい顔)
それよりも、4時間以上の睡眠がとれているかのほうが大切らしいです。

続けることで自分の基礎体温のグラフが見えてきます。
自分のことなのに目で見えない自分のリズムが見えてくるって、素敵なことだと思いませんか?
楽しく続けましょうるんるん


---------------------------------------------------


●この記事へのトラックバック募集しています。
人気blogランキングへ:よろしければ応援ください♪

基礎体温とお月様 =TOPへ戻る=

| カテゴリ 基礎体温の「基本」

なにがわかるの?@基礎体温の「基本」−3



基礎体温を計ることでわかること。
下記のようなことが大きくあげられると思います。

・月経サイクル
・妊娠のタイミング
・妊娠しているかどうか
・排卵しているかどうか
・更年期
・ホルモンの状態
・ダイエットのタイミングを見るときも役立つようです。

このうち、下記は各カテゴリーにわけて、まとめていこうと思います。

・月経サイクル・・・「基礎体温と月経」に
・妊娠のタイミング・・・「基礎体温と妊娠」に
・妊娠しているかどうか・・・「基礎体温と妊娠」に
・排卵しているかどうか・・・「基礎体温と排卵日」に


それ以外の二つについて述べますね。


・更年期

更年期の症状はいろいろあります。

月経不順、肩凝り、のぼせ、イライラ感、視力障害・・・など。
更年期障害は、年齢とともに卵巣からの女性ホルモン分泌の低下によるものとされています。
このことから、基礎体温を記録していれば、高温相が次第に短くなってくることで更年期障害を早めに知ることができます
(高温期=黄体ホルモンの活動時期)

基礎体温からこのようなこともわかるのですね。


・ダイエットのタイミングを見るときも役立つようです。

高温相食欲も旺盛に。また、体が水分をためこみ便秘がちになったりします。

よく、生理前に「どか食い」になるってことありませんか?
これが関係しているのかもしれませんね。
確かに便秘にもなります。
日ごろ、玄米食を習慣にしているのですが、ある時期にはそれでも便秘になります。この時期に重なっているのかな。


低温相=体も活動的に。


このことから、

ダイエット不向き=高温相時
ダイエット向き=低温期


といえます。
ただし、低温期のやせすぎにも注意が必要です。

基礎体温の「基本」−4:正しい測り方

---------------------------------------------------


●この記事へのトラックバック募集しています。
人気blogランキングへ:よろしければ応援ください♪

基礎体温とお月様 =TOPへ戻る=


| カテゴリ 基礎体温の「基本」

ホルモンとの関係@基礎体温の「基本」−2




さて、基礎体温の変化はどのホルモンに関係するのか。
私なりに噛み砕いてまとめてみました。
生理周期との関係でまとめてあります。

※参考にさせていただきました!

たまご日記オフィシャルHPさんhttp://www.ivfjp.com/
「生理周期とホルモン」のページの図がとてもわかりやすいです。
※ホルモンと生理周期の関係もよくわかります。


1:月経がはじまって2〜3日
→卵巣の中にある「卵胞」が、脳下垂体からの刺激により成長をはじめます。
  この卵胞の成熟とともに分泌されて、子宮内膜を厚くし、「おりもの」を増やす=卵胞ホルモン(エストロゲン)です。


2:排卵 約14日かけて成熟した「卵胞」の中から、卵子がとび出し(排卵)ます。
→卵子が出ていったあとの「卵胞」はバターのような色の「黄体」が形成されます=このあとは、卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減ります。
 

3:黄体は、受精した卵子が着床しやすいように子宮内膜を変える「黄体ホルモン」(プロゲステロン)を分泌=このホルモンが基礎体温をあげます!→それで排卵とともに基礎体温が上昇する!のです。


4:妊娠しなかったとして・・・→黄体の機能はしだいに衰えていきます。黄体ホルモンは12〜16日で急激に減ってしまいます=基礎体温が低くなる要因ですね。


5:月経 黄体ホルモンの減少とともに、子宮の内膜がはがれて血液とともに押し出されてきます。これが月経=体温がさがる!
→人によっては、月経がはじまってから下がるという人もいるようです。


6:その後、しばらくは体温が下がった状態が続きます。
→その間に項番1の卵胞成熟ははじまっている、ということになりますね。


そして、項番2に戻ります・・・この繰り返し。
となるようです。

なるほど・・・。
ホルモンのことも、ややこしい、と決め付けていままでやりすごしていたけど、ちゃんとまとめたら「なるほど」でしたexclamation


---------------------------------------------------


●この記事へのトラックバック募集しています。
人気blogランキングへ:よろしければ応援ください♪

基礎体温とお月様 =TOPへ戻る=





| カテゴリ 基礎体温の「基本」

そもそもどういうものなのか?@基礎体温の「基本」−1





花王のHP、下記を見てみました。
http://www.kao.co.jp/


<一部抜粋>
基礎体温とは、眠っていて心もからだも安静にしているときの体温のこと。
つまり、正確にいうと、「生命を維持するためだけにエネルギーを使っている状態の体温」を指す言葉です。
<抜粋ここまで>

眠っている間は測ることができないので、朝起きてすぐに計る!のですね。

この体温の変化は、何によって影響されているか、というと、
・黄体ホルモン(プロゲステロン)
・卵胞ホルモン(エストロゲン)
によって影響されています。
このホルモンは、女性のリズムと深い関係があります

基礎体温を計る=このホルモンの状態がわかる=排卵や月経、妊娠などの情報がわかる。
となるわけです。


基礎体温の話のときって、このホルモンの名称がよくでてきます。

私はこのあたりで、じつはうんざりしてしまっていたのですがふらふら、がんばって私なりにかみくだいてみました。
・・・ホルモンと体温の関係@基礎体温の「基本」−2へどうぞ

---------------------------------------------------


●この記事へのトラックバック募集しています。
人気blogランキングへ:よろしければ応援ください♪

基礎体温とお月様 =TOPへ戻る=




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。